Responsive image

TOPへ

患者さん、ご家族様

在宅医療とは

在宅医療開始までの流れ

よくある質問

医療、介護に携わる方

在宅医療とは

在宅医療開始までの流れ

よくある質問

 在宅医療とは?

ご自宅や施設などの生活を送っている場に、医師を含む医療従事者が定期的に伺い、医療行為を行うことをいいます。定期的に訪問することで、計画的・継続的な医学管理や経過診療が行えます。

「住み慣れた自分の家で安心して暮らしたい」
「できれば療養生活は、自分の家で、自分らしく過ごしたい」

在宅医療では、このように思われている患者さんやご家族の思いに寄り添い、お手伝いいたします。 一方で、自宅での療養生活にはどのような準備が必要なのか、夜間に容体が急変した場合はどうすればよいのか、自宅でしっかりとした医療が受けられるのかなど、さまざまな不安を感じられる方も多いのではないでしょうか。
患者さんやご家族のこのような思いを受け、地域のケアマネージャーやヘルパーなどの介護事務所や訪問看護ステーション、病院と連携し、患者さんの療養生活をサポートいたします。 まずは、お気軽にご相談ください。

連携病院

赤羽在宅クリニックの特徴

24時間いつでも連絡がつき、緊急往診にも対応

② 医師、看護師の定期的な訪問診療

③ 他医療機関との連携

診療科目

内科

在宅医療連携部体制

介護保険適応の場合は、「居宅療養管理指導」を行います。ご本人やご家族に対して、介護サービスを利用するうえでのアドバイスや、ケアマネージャーとの連絡・相談を行います。

各種書類(主治医意見書・マッサージ同意書等)についてはご相談ください。

地域の訪問看護ステーションやヘルパーステーション等と連携し、より安心してご自宅で過ごせるようお手伝いいたします。

入院等の緊急時は、近隣の病院と連携し迅速な対応ができるよう、サポートいたします。

薬局に行けない方には、地域の薬局と連携し、薬のお届けもいたします。