Interview インタビュー

充実した教育体制で、総合的なスキルを得る

医師 森山 悠

後期研修に進まず、在宅医療の現場へ

 私が医師を目指したのは高校2年生の時でした。静岡にある高校の進学コースに通っていたので、コースの方針やクラスメイトも医学部志向が強く、自然と自分自身も医学部を目指していました。その後、東京慈恵会医科大学の医学部に進学し、勉学に励むとともにサッカー部に入部し、厳しい環境でサッカーに打ち込む学生生活を送っていました。

医師としてどういったキャリアを歩むべきかについての考えがはっきりと定まらなかった中、医学部の実習を受けていく過程で、専門分野を突き詰めるよりもより患者さんの身近で、総合的に支えていきたいという思いが強まりました。そんな時に、大学が同じで一緒にときわに就職した五十嵐先生から在宅医療を一緒に目指さないかという誘いを受けました。在宅医療や総合診療医について知っていくうちに、将来性もあり少子高齢化社会に欠かせない分野に可能性と魅力を感じるようになり、初期研修1年目には後期研修に進まず在宅医療を学べる医療機関に就職することを決めていました。後期研修では専門分野を決め専門医取得のために学んでいきますが、私は専門医として深く狭く学問を究めるのではなく、もっと広く総合的に患者を診ることのできるスキルを学びたいと思いました。そして、経験のない中でも教育体制が整っていて自分自身が成長できる所という条件で就職先を探したところ、おすすめされたのがときわです。若手医師を積極的に受け入れて教育し、全国に質の高い在宅医療普及させるというときわの医療に興味を持ち、ときわで勤務することを決めました。

 

 

聞きやすい環境が一番の教育体制

 私は入職後、ときわの赤羽在宅クリニックに配属され学び成長する日々を送っています。初期研修医の時は指導医師のおっしゃった薬をそのまま処方していましたが、在宅診療においては、もちろん自分で処方内容を考えなければいけませんし、知らない病気を知らないでは済まされません。元々学びたいという意欲は強い方でしたが、患者さんのために成長しなければいけない環境に常におかれ、学びたいというモチベーションも維持されます。研修体制としても専門医を取得している先生が多くいらっしゃるのでその分野に特化した知識を得ることもできますし、ときわは院内が殆どIT化、クラウド化されているので、クリニックを跨いだ法人内のコミュニケーション用チャットや電子カルテから様々な学びを得ることもできます。クラウド型電子カルテでは、色々な経験ある先生の診察や処方を見て学ぶこともできますし、診療中も難しい症例の場合など院内のチャットに対応策の相談を送ると、それを見た先生がアドバイスを下さいます。必ず複数名の先生が反応してくれて、チャット上で議論を交わすようなことも多々あります。訪問診療時は一人で診療をしているように見えますが、私の後ろにはさまざまな先生方のバックアップがあり『遠隔チーム医療』のようでとても心強いです。なにより、小畑理事長をはじめ先生方が優しくなんでも聞きやすい環境にあることが教育体制としては素晴らしいと思います。

 

 就職してから特に専門に学べていると感じることには緩和ケアがあります。小児科医の森尚子先生は緩和ケアの専門医、指導医をお持ちで、かつクリニックも緩和ケア指導の認定施設になっているので、高度な緩和ケアの教育を受けることができるのは医師としてのスキルを高めていくという上でとても大きいと思います。麻薬やポンプもクリニックで所持していて、在宅でも例えば疼痛コントロールの持続皮下注射もできますし、輸血も行っていますから緩和ケア病棟と同じか、むしろ希望されれば在宅のほうがいい緩和ケアができるのではないかと感じることもあります。また、赤羽在宅クリニックでは小児在宅医療を行っていますが、私は小児の在宅医療が存在すること自体知りませんでした。赤羽在宅クリニックで実際に小児患者の診察もしながら、週に1度勤務日に小児在宅医療を専門に実施している他法人に研修に行かせてもらい、様々な小児在宅医療の技術を学んでいます。高齢者を対象とした在宅医療は関東では飽和気味ですが、小児在宅医療は受け皿が殆どなくかつ需要は増えていく分野です。これから在宅医療を実施していく総合診療医としては小児の在宅医療ができるというのは欠かせないスキルになっていくと感じています。また、小児在宅医療は患者さんだけでなく、親や兄弟など患者さんの環境全てを診て支える必要があるという点で医師としては総合的なスキルを求められる分野でもあります。小児在宅医療での学びは、全ての人を総合的に診ているときわで大人を診察するときでも子供を診察するときでも変わらず必要になるスキルだと思います。

 

成長を実感できることが自信に繋がる

 私の医師のキャリアはまだ3年ですが、ときわでの教育を受けて確かな成長の実感があります。夜間のオンコール対応も初めの頃は分からないことが多く、頻繁に小畑理事長に電話をしてアドバイスを受けていましたが、最近ではそのように困ることもほとんどなくなりました。また、病院では疾患の治療が第一になりがちで、どうしても個人個人の生活への配慮は後回しになりがちですが、在宅医療ではむしろ生活の中に医療を介入させていただくとことになるので、例えば骨折のリスクが高い人の家の中の状況が、転倒しやすい状態なら、環境を事前に改善するなど、結果的に予防も治療もしやすいのではないかと考えております。在宅医療はこれからもニーズは増えていくでしょうし、患者さんが自分らしく過ごせる環境で医療を受けることができ、そもそも病気や怪我をしにくいように軌道修正していけるという点でも魅力があります。

 

 

ときわは在宅クリニックとして成長スピードがありますし、なんといっても小畑理事長が優しいので本当に学びやすい環境にあります。総合診療医としてまずは尊敬するクリニックの先輩たちに近づけるように日々スキルを高めて、ときわが大きくなっていくとともに自分自身が成長したいと思っています。若くてもときわならしっかり学ぶ環境に身を置くことができますので、経験やスキルがないからと諦めずに在宅医を目指してほしいと思いますし、ときわで一緒に働く仲間が増えていくと嬉しいです。

森山 悠 医師

森山 悠 医師

東京慈恵会医科大学卒業後、埼玉県済生会川口総合病院で初期研修。その後、2019年4月医療法人社団ときわへ入職し常勤医師として勤務。